褐色脂肪細胞とはどんな脂肪

褐色脂肪細胞は、ダイエットをしている人の多くが強い関心を持っているものです。褐色脂肪細胞とは、どういった性質を持っている細胞なのでしょう。一般的に脂肪と呼ばれているものは白色脂肪細胞ですが、それとは別に褐色脂肪細胞が体にはあります。体内の脂肪を減らしたいという場合、褐色脂肪細胞の働きを活用すると効率がいいとされています。

白色脂肪細胞はエネルギーを貯めこむものですが、褐色脂肪細胞はエネルギーを消費するものです。脂肪を熱エネルギーに変換させる働きが褐色脂肪細胞にはあるのです。どれだけ食べても脂肪にならないという人が身近にいませんか。褐色脂肪細胞が多い人は、いくら食べても太らない体質の人です。余剰エネルギーは白色脂肪細胞に蓄えられるものですが、エネルギー消費が激しければ残ることはまずありません。白色脂肪細胞の量に比して、褐色脂肪細胞はほんの少ししかありません。

一%程度の褐色脂肪細胞は、肩、胸、肩甲骨などにあります。褐色脂肪細胞の働きで血液が流れやすくなったりして、体温を上げることがわかっています。寒いときや体温維持をしたいときに働くのが褐色脂肪細胞なのですが、脂肪を活性化させてダイエットをするという方法が今人気なのだそうです。年齢を共に減っていく褐色脂肪細胞はですが、今肥満治療につなげる研究もされているといわれています。