褐色脂肪細胞を利用して美しく痩せる

褐色脂肪細胞の機能を利用してダイエット効果を得るという方法ですが、実行する上で気をつけるべきことがあります。人間の体は、クラウゼ小体という感覚器によって、冷たいという情報をキャッチしているといいます。寒い、冷たいという信号を脳に送ってくる部位は唇と手のひらが多いようです。脳は全身から発信される情報を受け取る重要な器官ですが、特に手で冷たいものをさわった場合、体全体が冷たいと思うようです。

体温を上げるために褐色脂肪細胞を活性化させ働かせようとするのです。凍ったペットボトルを手で握ることによって脳を勘違いさせ褐色脂肪細胞を活性化させることができます。褐色脂肪細胞の働きが活発になると、体脂肪は代謝されてエネルギーになりやすくなります。脂肪が代謝される時は、ミトコンドリアに送りこまれてエネルギーに変わります。褐色脂肪細胞に存在するミトコンドリアが、積極的に脂肪をエネルギーに変えていきます。ただし、褐色脂肪細胞はエネルギーを作る過程で活性酸素もつくってしまいます。

体の中に活性酸素があると、たんぱく質や脂質の化学変化を促すことでより安定しようとする特性があります。たんぱく質や脂質が活性酸素によって酸化されると本来の機能を失い、肌の乾燥や体力低下などの原因になるとされています。活性酸素による影響を抑えるには抗酸化作用のあるビタミンCやポリフェノールなどの成分を積極的に取り入れていくことが大切です。美しく痩せるためには、褐色脂肪細胞を活性化させると共にアンチエイジングに良い栄養素をたくさん摂取することが重要です。