わきがの手術と注意点

わきがを治すやり方には、手術以外にも吸引法や汗が出なくするなどのやり方がありますが、どうしても個人差があるようです。たとえばボトックス法という治療法は効果が長続きせず、半年からせいぜい1年ほどだと言われます。最も効果が出るのはやはり手術を行なうことですので、ほんとうにわきがを何とかしたい人は手術を考えるべきでしょう。

技術と経験を有した医師に手術をしてもらえば、わきが手術に危険はなく、また入院も必要在りません。手術して1~2週間は傷口がふさがらないので、きちんとケアをする必要があります。わきがの手術の後は医師の指示に従って生活することが大切です。普通、わきがの手術を受けた後はテーピングなどをすることで傷口を覆い、わきの下を濡らさないように気をつける必要があります。傷口が早くふさがるように、糸が抜けるまでの間は腕を上に上げるようなことは極力やめるべきです。

手術後に安静を保っていないと、傷口がいつまでたってもふさがりません。わきがの手術に関しては、可能であれば汗をかきにくい冬場のほうがいいでしょう。夏場は汗が出やすく手術箇所に雑菌が増殖する可能性があり、注意をしておかなくてはなりません。もし傷口に異変を感じたらすぐに手術した病院へ行き、適切に処置してもらいましょう。傷口が化膿すると、色素が沈着し、傷痕も残りやすくなるので、わきがの手術の後はできるだけ清潔にしておくことが大切です。